HOME > recruit

recruit

■募集内容

募集職種 (1) 飲食スタッフ
(2) 不動産の企画・運営
(3) 建築・不動産営業
(4) 経理事務
雇用形態 ・正社員
・契約社員
・アルバイト
給与 年収350~1000万
※募集職種により異なります。
前職・経験・能力・各種資格等を考慮。
一律手当・賞与を含む。
待遇・福利厚生 ・給与改定年1回
・賞与年2回
・交通費2万円迄支給
・社会保険完備
・住宅手当(月2万円)、蓼科山荘有
・酸素カプセル利用
・テーラー「FILO」によるエルメネジルド・ゼニアやロロ・ピアーナのオーダースーツの貸与、社員特別価格
仕事内容 (1) 飲食スタッフ
・接客、集客促進営業、メニュー開発、調理/仕入サポート、など
(2)不動産の企画・運営
・賃貸物件の企画・立案・メディア対応、など
・リーシング・家賃精算・契約更新・新規契約・退去精算、など
・マンスリーの企画/運営など
(3) 建築・不動産営業
・ARK HOUSEシリーズの建築売買営業
・賃貸/売買の仲介、物件の仕入れ、など
(4)経理事務
・各種会計業務、総務業務のサポート
各業務を横断して幅広く成長できるフィールドがあります。
勤務地 新宿区神楽坂
新宿区若松町
勤務時間 10:00~19:00(休憩時間 1時間)
※飲食スタッフは要相談
※契約社員、アルバイトは要相談
休日・休暇 週休2日制
※基本は水・日休み(申請で連休可)
※飲食、経理スタッフは要相談
夏季(8日)・年末年始(8日)・GW・慶弔 ・特別休暇
応募資格 飲食、建築、不動産、各種営業、経理、のいずれかの業種で勤務経験があるほうが望ましい
選考基準 人物重視
求める人物像 ・衣食住に興味がある方
・顧客目線で物事を考えられる方
・素直で前向きな方
採用予定人数 若干名
選考プロセス 先ずは下記よりご応募・お問合せ下さい。

書類選考

面接

採用(試用期間3カ月あり)
・次の選考ステップに進まれる方のみご連絡させて頂きます。
・取得した個人情報は、採用選考のみに使用します。
・選考プロセスは変更になる可能性があります。
・不採用理由についての問合せにはお答できませんのでご了承ください。
応募方法 下記メールアドレスへ写真貼付の履歴書・自己紹介書・職務経歴書等をお送りください。
株式会社 日本ビルディング経営企画 採用担当宛
メールアドレス:recruit@theroom-web.com

日本仕事百貨に求人が掲載されました。

□社有建物やイベントなどの様子

自社ビル「TheRoom神楽坂店」前からスタートする「阿波踊り」
軽快なお囃子と統率のとれた舞を桟敷席で鑑賞。
真夏の2日間、お招きしたお客様と社員が一緒に楽しみます。女性社員は全員浴衣姿。
イタリアから「エルメネジルドゼニア」の役員が飛び入り参加して下さいました。

本社の日本庭園です。季節ごとのお花の時期は実に見事です。
古くからのお客様は、本社のお座敷でご契約されていました。
敷地内には「千葉之介常胤」より36代にわたり代々受け継がれた宝物殿が鎮座しています。

蓼科にある「パ・ラッチーナ・ダ・チノ」
築45年を経過した、歴史ある山荘。当時北欧より船便で取り寄せた、暖炉やモチーフ、家具などは残し
耐震や耐久性、また省エネにこだわって数年前全面リノベーションを促しました。別荘特有の湿気も解消され
半露天風呂のガラス張りの浴室、広いウッドデッキテラスなど、快適な空間に蘇っています。
壊して立て直すのではなく、資材や建材、また先人の思いも大切に受け継いでいます。
社内研修やプライベートで利用しています。

TheRoom神楽坂店
1Fは関連会社のFILO神楽坂店。キッチン完備の2Fサローネで商談や契約を行い、季節ごとに
パーティー等も行います。8Fのペントハウスには、バーコーナーとワインセラーがあり、夜のお客様との
お打合せ等に利用しています。


新宿店
建物には、TheRoom新宿店と関連会社のFILOそしてレジデンス(1K45室)が併設されています。
防犯カメラ10台を備え、社内でリアルタイムで画像を確認するなど、セキュリティに配慮した環境は
主に東京女子医科大学の女医さんや看護師さん方のお住まいとして変わらぬ人気を博しています。
オフィス内には、カッシーナの事務デスクや、ソファ、ポルトナールフラウのカウチ、バカラやラリックの
ベースなど憧れのインテリアが満載です。
ティーサービスも、ヘレンドやジノリの食器、銀器はクリストフルで統一し、いつでもおいしいお茶をサービス
できるよう準備してお客様のおいでをお待ちしております。
ペントハウスにFILOの隠れ家的なサロンがあり、大勢の経営者・スーパーエリート・TV関係者・政治家の先生
医師の方々などにご愛顧いただいております。
ペントハウス内に置かれたアンティークピアノは、代表の千葉の友人であるジャズピアニストの秋田 慎治氏が
その音色とコンディションを確かめ、選んでくれた一品です。